NEWS

MARK STYLER株式会社(代表取締役社長: 秋山 正則 本社: 東京都渋谷区 以下、マークスタイラー)が展開するファッションブランド「EMODA(エモダ)」はファッションセンスやライフスタイルなど、同世代の女性から圧倒的な支持を得ているモデルの水原希子さんを2015年4月からイメージモデルとして起用することをお知らせいたします。


<水原希子さんを起用した背景>
ブランド設立5周年を迎え、これからも常に新たな挑戦を続けていきたいというEMODAの想いと、モデルとしてだけでなく、ドラマ・映画と次々と活躍の場を広げている水原希子さんのイメージが合致し、起用に至りました。
今後、EMODAのアイコンとして、カタログや雑誌タイアップなど様々な展開を予定しております。


2015年1月にプロデューサー制からMD制への移行を果たし新体制を迎えたEMODAは、世界のファッションアイコンとして活躍する水原希子さんとともに、世界を目指すブランドとして最新のモードファッションを発信し続けてまいります。

 

■水原希子さんプロフィール
1990年10月15日、アメリカテキサス州生まれ。
2003年に雑誌「Seventeen」のミスセブンティーンを受賞し、モデルデビュー以降モデルとして国内外のファッション誌で活躍、数々の表紙を飾るファッションアイコンとして多くのブランドのイメージモデルを勤めるほか、世界的ファッションショーにもゲストセレブリティとして招待される。2013年10月にパリコレデビューも果たし、2014年2月にはミラノコレクションデビューも果たした。また世界で最も権威があるとされる『VOGUE ITALIA』においても16ページの大特集が組まれ彼女への注目の高さを伺い知ることができる。
一方2010年、トラン・アン・ユン監督『ノルウェイの森』の小林緑役に抜擢され映画デビュー。蜷川実花監督『ヘルタースケルター』(12’)、豊田利晃監督『I’M FLAH!』(12’)、大友啓史監督『プラチナデータ』(13’)堤幸彦監督『トリック劇場版 ラストステージ』(14′)など話題作に相次いで出演。2013年NHK大河ドラマ『八重の桜』、大山(山川)捨松役でドラマ初挑戦となり2014年1月民放ドラマCX月9「失恋ショコラティエ」にも出演し2014年10月「信長協奏曲」CX月9に「お市」役にても出演した。
今後は2015年4月「心がポキッとね」CX水10で初のヒロイン役も決まり、映画においても初のヒロイン役で「進撃の巨人」が公開を控えている。全国的なコマーシャルやTVなど活躍の場を広げ、今最も注目を浴びているモデル・若手女優の一人である。



■EMODAブランドコンセプト
MODE=トレンドの発信を軸に、スタイリング・素材・形で常に新しい提案を組み込み、女性の「おしゃれを楽しみたい」という気持ちに応えられる、ハイセンスなリアル・クローズブランド。そして白黒の世界観に色・柄・異素材を組み合わせ、強さの中にも女らしさのあるスタイリングを表現しています。

EMODA オフィシャルサイト  http://emoda-japan.com/brand/

 

 

 

※本文中に記載されている会社名およびブランド・商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

 

 

 

 

PAGE TOP