NEWS

MARK STYLER株式会社(代表取締役社長:秋山 正則、本社:東京都渋谷区)が展開するレディースブランド「EMODA(エモダ)」は、文化服装学院との商品化コラボレーション企画「capsule collection」を開催しました。

ヤングレディース市場にモード系という新ジャンルを作り出してきたEMODAは、未来のファッション業界を担うファッションデザイナーを目指す学生に「自分のデザインした作品を商品化する」という、学生時代にはなかなかできない経験をしてほしいという思いから本企画を実施しました。
社会に出て即戦力として第一線で活躍できるデザイナーを育成することも視野に入れており、参加希望学生のデザイン案やエントリーシートを元に書類選考と面接を実施し、多数の応募の中から文化服装学院アパレルデザイン科3年大樋 幸奈さんの作品が採用されました。

完成したアイテムは11月8日(日)からEMODAの店舗(一部除く)とRUNWAY channelで販売を開始します。発売前の11月2日(月)~4日(水)に開催される文化服装学院の文化祭において、3アイテムが展示されます。


■EMODA 公式ホームページ
http://www.emoda-japan.com/

■公式通販サイトRUNWAY channel
http://runway-webstore.com/emoda/?aid3=rcbarndlist_ed_pc

■文化服装学院 ホームページ
http://www.bunka-fc.ac.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


タートルネックレイヤー BLK/GLY 6,372円(税込) 
ハイネックブークレーニット BLK/GLY 7,452円(税込)
タックタイトスカート BLK/GLY/KHA 7,452円(税込)

 

 

PAGE TOP